社長のナカユクイ
FM21 毎週金曜 13時~13時30分

とーも
とーも

今週はTAKAデザイン事務所の上原代表をお迎えして、「沖縄のクリエイター事情」と題してお届けします。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

上原
上原

大阪で経験を積んだ後に地元沖縄でデザイン事務所の立ち上げ

とーも
とーも

まず始めにご自身からタカさんのお仕事をご紹介いただければと思います。

一言で言うと広告系のデザインですね。主にチラシなどの紙媒体です。企業さんや店舗を始める個人事業主さんたちが主なお客様です。

仕事の流れで言うと、ロゴマークの作成などから関わってスタートしていくっていうのが強みになります。

上原
上原

とーも
とーも

沖縄で言うと安室奈美恵さんやDA PUMPさんといった沖縄を代表するアーティストさんたちのコンサートステージのデザインなどもされた経験をお持ちということで。

そうですね。もともと社会人1年目に就いた会社がイベント会社でしたので、そちらの会社でデザイナーとしてスタートしたのが始まりです。

上原
上原

とーも
とーも

そこから任天堂さんやロート製薬さんといった日本の一流メーカーの販促物にも関わっていたと?

沖縄で4年ほど勤めた後に、都会で揉まれたいと言う想いがあって24歳くらいの時に単身で大阪に飛びました。

そこでトータル6年、大手の広告代理店でデザイナーの腕を磨くために頑張ってました。

上原
上原

とーも
とーも

やっぱり大阪と沖縄ではクリエイター事情は違いますか?

そうですね、やっぱり沖縄には無い日本の誰もが目にしたことあるような一流企業の販促物を手がけたと言うことはものすごい経験になったと思います。

レベルもすごく高いところで、責任も重大なところだったので勉強になることばかりでした。

上原
上原

とーも
とーも

なるほど。そこから沖縄に戻ってきてから沖縄で個人事務所を?

はい。30歳で沖縄に戻ってきて独立というのは漠然としながらも明確に夢としてずっと持ってました。

沖縄出身でもあるので、地元の沖縄でデザイン事務所をしたいという想いがあったので沖縄に戻りました。

最初は実家の4畳一間の畳の部屋からMac1台でスタートして、そこから現在では11年目になりますね。

上原
上原

とーも
とーも

素晴らしい。独立は不安もあったと思いますが、手に職がついていたということで自信があったんじゃ無いですか?

沖縄で出来ないことを大阪で経験を出来ましたので、自信は持てましたね。

沖縄は平面の販促物が多い土地ではありますので、平面に特化した販促物のレベルを上げたいという気持ちはあります。

大手さん、個人にかかわらず、ロゴマークを提案した時にオーナーさんがとても良いと喜んでただいた顔を見るのが一番嬉しい瞬間です。

上原
上原

デザイナーという仕事の国内事情

とーも
とーも

クリエイターのお仕事について深掘りして行きたいなと思います。クリエイターというとゼロイチを創造するお仕事でもありますけども、そういった仕事の国内事情はいかがでしょうか?

約15年前くらいに沖縄で働いていたときの話になりますが、見積書に「デザイン料」という項目を載せれない時代がありました。
「デザイン料ってなんだよ」って言われたりして。

それに比べると今ではデザイン料という項目を堂々と載せれるようにはなったので昔よりは結構良くなってきたかと。

上原
上原

とーも
とーも

多くの会社さんはデザイナーさんを使ってという取り組みを使わずに、社内の中でちょっと絵の上手い社員さんに描いて貰って済ませるところも多いですよね。

デザインにお金をかけるという感覚を持たれていない会社さんもまだまだ多い気がします。

そうですね。紙媒体に関わらずクリエイティブに対する対価は値下げ合戦になってしまうところも多い気がしていて、現実は無視できない部分もあるなと思ってます。

上原
上原

とーも
とーも

そうだよね。デザインっていうと、ただかっこいいとか綺麗とかオシャレとか、それだけじゃないんだよね。

やっぱり組み立てもありますし、一番大切なのはお客さんとのヒアリングですね。

どういう想いでこの商品を開発して発売するに至ったのか。それをどうやって売って良いかわからないということにも向き合わないといけなかったり。

そして結果を出さないと次また使ってもらえないというのもあるので。

上原
上原

とーも
とーも

人間には経営に長けてるタイプさんもいれば、クリエイティブに長けてる人もいて、右と左みたいな関係になっててると思いますね。

そういう方々が連携できれば1+1が2じゃなくて、4にも6にもなりますからね。

やっぱり経費削減も含めて少し出来る子に任せて済ませるという話もまだまだ良く聞きます。

うちは「デザイン事務所」とつけてるようにデザインに関するプロフェッショナルでもあります。

上原
上原

そういうプロに頼むと集客につながると実感してもらうことができればリピートにも繋がるしよりデザインの仕事というのを理解していただけると思います。

上原
上原

ゼロイチを創造する仕事

とーも
とーも

この間も某会社でお会いしましたけど、ビジネスのゼロイチからタッチして色々トークされてましたね。「こんな商品も出しませんか?」とか。

そういった事業主さんとの商売の立ち上げや相談は、自分のデザインに繋がる繋がらないに関わらず目を輝かせながら話してくれるので聞くのが好きです。永遠にトークしてられますね。

上原
上原

とーも
とーも

今後、世の中はAI時代の到来で事務方の仕事は窮地に立たされるんじゃないかと思うんですよね。例えば経理事務とか受付業務だとか。機械になかなか勝てないですからね。

どんな業界でもそうですね。

上原
上原

とーも
とーも

そんな中でクリエイティブな職業とか人間じゃないとできない仕事もあるじゃないですか。そういう時代だからこそこういった仕事は今までよりもフューチャーされて行きますよね。

クリエイターの方々の仕事は機械でできない部分であったり、社長さんの想いや売り方までを含んだ上で答えを出して行く仕事なので、人間じゃないとっていう感じはありますね。

上原
上原

とーも
とーも

今日は告知を用意してくださってると?

私のお客さんである、那覇ロワジールホテルの近くにある沖縄最大級の遊覧船、モビーディック号というレストランシップがありまして、そこで年間かなりの数のイベントをされてます。

上原
上原

直近ではオールディースクルーズが控えてまして、その後には街コンの船バージョン「船コン」などが企画されてます。夜の海をレストランシップでクルーズしながら男女がであるという。

上原
上原

とーも
とーも

いいねぇ。

そういったお客様と密に話し合って私の方でデザイン関連は全て任せて頂いています。

上原
上原

とーも
とーも

私の会社、「てんぷす株式会社」も、おへそをモチーフにしたロゴを自分で書いてるんですけど、「これ何?」ってよく言われるのでぜひそのデザインをタカさんにね(笑)

そうだったんですね(笑)

上原
上原

とーも
とーも

そんな感じでお時間が来てしまいました。本日はお忙しい中ありがとうございました。

ありがとうございました!

上原
上原

社長のナカユクイ
FM21 毎週金曜 13時~13時30分

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

TwitterでFOCUS OKINAWAをフォローしよう