社長のナカユクイ

毎週金曜 13時~13時30分
FM21

2001年宜野湾市議会議員に初当選、2006年県議会議員当選、2012年第16代宜野湾市長当選、2018年沖縄知事選挙に立候補。佐喜眞淳氏が政治家になるまでのきっかけとストーリーについて話を伺っていきます。

とーも
とーも

本日のゲストをご紹介しましょう。前宜野湾市長の佐喜眞淳さんです。よろしくお願いします。

どうも宜しくお願いします。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

まず早速、出生のことからお伺いしたいと思います。39年に宜野湾市ということで。

そうです、昭和39年です。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

大山小学校にご入学されたんですよね。

そうですね。今でも校歌は歌えますよ。『大空高く 澄み渡り〜』

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

素晴らしい。やはり小中学生の頃から学級員などを?

いや、やった事ないし選ばれたこともなかったです。
やるとしたら、ちょっとしたちょい役というか。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

政治家になりたいという夢は小学校の時からあったんでしょうか?

いや、全然なかったですね。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

なるほど。大学は内地の大学に通われてフランスにいかれたと?

そうです。フランスに7年ちょっとくらい行きました。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

では、そのフランス政治家を志したと?

いや、全く本当に政治家になろうとか目指したとかはなかったです。私が政治の世界に入ったのは親父の影響があったというか。

親父が宜野湾市の市議会議員を4期やってまして、4期目の議長職をやってる途中に急にくも膜下で亡くなってしまったんです。

それで当時の補欠選挙の時に多くの方々から『親父が持ってた志を継ぐのがいいんじゃないか』と言っていただいて。

佐喜眞
佐喜眞

だからある意味、親父が亡くなったのがきっかけで政治の世界に入りました。それで4期目を当選をして、翌年にくも膜下でなくなった1年後くらいに補欠選挙がありました。

フランスから帰ってきて本当に色んなことが起こりましたね。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

ということは政治家になろうと思い立ってからの準備期間って1年くらいしかなかったんですよね?

選挙の年に結婚もしたんです。家内には怒られるかもしれないんですけど、結婚式が総決起大会みたいになって。

当時は選挙も忙しくて結婚式はあまり考えてなかったんですけど、けじめですからということで、確か選挙の告示の2週間前くらいにやったんですよ。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

よく政治家の奥様は選挙や政治に全てを捧げないといけないということで反対される方が多いそうですよね。その点、奥様はいかがでしたか?

たぶん私が政治家になろうとしてることを知らなかったですし、そういう形で進んでることも知らなかったと思います。

出会って1年くらいで結婚するってことを決めたので、その過程において市議会議員の補欠選挙に立候補するということでしたので。一番驚いたのは家内だと思います。

佐喜眞
佐喜眞

選挙の立候補と当選後の難しさ

とーも
とーも

ちなみに選挙に出る時に一番初めにすることって届け出とかですか?

市町村の選挙であれば市町村の選挙管理委員会に立候補届けを告示の日に出すんですけど、その事前に審査をして許可を取ります。

それで1週間の選挙期間中に選挙運動ができると。

佐喜眞
佐喜眞

ただ1週間だけでは選挙はできないので、それ以前に後援会を立ち上げながら色んなんところで選挙のお願いをしながら。

いわゆる「佐喜眞淳が選挙に出るぞ」ということで。選挙の半年前くらいからはそういう動きをしないといけないという感じです。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

まず大変ですよね。人だけではなくてケンタッキーさんのカーネルサンダースの像にまでお辞儀してる姿を見たことあります。

冗談ではなくて、やってると必然的にそういう雰囲気というか姿勢になると思います。犬に噛まれるとかね。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

それで見事当選されて。先生という呼び名に変わるわけですけども。先生と呼ばれること関してはどうお思いでしたか?

学校の先生になるような、そういう将来は考えてなかったんですね。 理由は先生は生徒たちに一番いい影響を与えないといけないから。
 
人生の中で学校の先生は非常に重要でありますし、子供たちにそれだけの影響を与える先生という職種は私の中にプレッシャーがありましたから。

佐喜眞
佐喜眞

政治家の「先生」も私からすれば違うだろと。

よく言われてた時もありましたけども、「私は先生じゃなくていいですよ」と。あるいは「『市長』でいいですよ」と言ってました。

佐喜眞
佐喜眞

市長としての壁や問題との向き合い方

とーも
とーも

市長さんのお仕事って警察消防などの公安職の長でもあり、教育や介護など仕事が多岐に渡る。

そのすべての長に一夜としてなられるわけで、組織をコントロールする難しさというのもありましたよね?

市議会議員も2期、県議会議員もやってその後に市長に立候補したんですけど。職員の中には色んな考え方や価値観を持たれてる方がいると思います。

例えば、保守革新で言えば私は保守ですから、27,28年ぶりに保守政権になったと言うことで戸惑いはあったと思います。

佐喜眞
佐喜眞

ただ行政は積み上げですから、市長が変わっても市民サービスを充実のさせるために各々の立場で職員が頑張ってる。最終的に決断を下すのが市長であって。

当初の職員は戸惑いもあったと思いますが、だんだんと落ち着いてくると慣れるというか職員と一緒に行政運用をやって行こうという感じになります。

部長を始め次長課長、職員が1000名くらいいたのでそれほど違和感はなかったと思います。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

人柄とかもあったんだろうし、お父様から幼少の頃から帝王学を学ばれていたんでしょう。

それはないんじゃないですか(笑) 親父が議員をしていた時はほとんど本土とかフランスにいましたので。

佐喜眞
佐喜眞

壁や問題が発生しても、バランスよく解決していくことを行政の組織としてやっていくのが重要であって。

例えば予算の編成もバランスよく、なおかつ特徴のある予算を編成しないといけない。壁は必ずあるのでそれをしっかりと対処するという能力を組織としてつけるのが大事じゃないかと。

佐喜眞
佐喜眞

自然災害に対する自助、共助、公助

とーも
とーも

最後に一点、近年頻発する自然災害。そのために日頃から心得ておくことなどあればお願いします。

特に東日本大震災で政府全体として自分の命を自分で守るような意識付けは全国の各市町村に通達されたので、万が一何かあった時、行政の力はもちろん大切だけど行き届かないところもあります。

だからこそ色んな情報を確認しながら、万が一の時のために自分自身が自分の命を守る。

佐喜眞
佐喜眞

行政は行政として共助という意味からすると、一人で住んでる方やサポートが必要な方々の情報をキープしならがいざという時にちゃんとケア、避難させるような告知をしていく。

今言われてるのは自分を守る自助、地域としての共助、そして行政としての公助。

佐喜眞
佐喜眞

宜野湾市の場合は地域において自治防災組織というのを推進しております。

宜野湾市で十数個はそういう風に意識をして、自主訓練、避難訓練などをやっておりますので、そういうのが大変重要だと思います。

佐喜眞
佐喜眞
とーも
とーも

ということでお時間が来てしまいまいした。本日はお忙しい中ありがとうございました。

ありがとうございました。

佐喜眞
佐喜眞

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

TwitterでFOCUS OKINAWAをフォローしよう