社長のナカユクイ
FM21
金曜13時〜13時30分

沖縄を繋ぐラジオマガジンFOCUS OKINAWAを作っていくための作り方や資金調達の方法、今後の展望などについてお話しています!

沖縄を繋ぐラジオマガジンFOCUS OKINAWA

 

とーも:FOCUS OKINAWAのお二人、伊東さんと友利さんです。

沖縄を繋ぐラジオマガジンということで。まずFOCUS OKINAWAとはどんなものなのか説明お願いできますか?


伊東:
FOCUS OKINAWAは終わったラジオを文章で読める形にしようということでWEBメディアです。

ラジオというとリアルタイムで放送を聞くのがメインになると思うんですけど。

沖縄県内のコミュニティFMは面白い番組が多いけど、どうしてもエリアも時間も限られているということもあって、そこで終わってしまうのが勿体無いと思ってました。

それをもっと多くの人に触れてもらえるコンテンツとして残そうというので立ち上がったのがFOCUS OKINAWAです。

受信側のことを考えると動画や音声で残すよりも文章で残した方がサクッと読めて拡散もしてもらいやすいということで、

沖縄の各局の番組を1つのメディアに集約して色んな局の番組をまとめて読めるようにしようというのがこのFOCUS OKINAWAの目的です。


とーも:
素晴らしい。今どれくらいの記事が上がってるんですか?


伊東:
いまはおそらく40記事くらいですかね。番組でいうと20番組無いくらいくらいかなと思います。

今は人手も少ないので1日1記事とかですが、人手を増やせるようになると1日2記事、3記事と記事を上げていきたいと思っております。


とーも:
ただ単に文章にするだけじゃなくて、分かりやすく必要なところを編集してくれてますよね。


伊東:
ただの文字起こしではなくて、読みやすい形に編集して語り手の意図を汲み取りながら力を入れて編集しております。


とーも:
お二人は役割分担ができてるんですかね?


伊東:
いま僕がメディア運用的なことをしていて、友利さんが営業みたいな感じにはなってます。


とーも:
放送を記事にして欲しいって待ってる方達も多いんじゃいの?


伊東:
そうですね。でもまだまだ取り上げてる番組も少ないので、そういうリクエストはどんどんしてきて欲しいと思いますね。


とーも:
手前味噌で申し訳ないですけど、この番組きっかけというのが嬉しいですね。


友利:
そうですね、おかげさまで。

 

1人でも多くの人と一緒に作りたい

 

とーも:何かお困りごとが出てきたということで?


伊東:
事業的に赤字続きでまだ収益化できていないので、そこをどうするかということを悩んでいます。


とーも:
ですよね、そして?


友利:
スポンサーについて欲しいなということで、運転資金ということでクラウドファウンディングを開始しました。


とーも:
クラウドファウンディング、いま流行ってますよね。

先にクラウドファウンディングの説明をさせてもらいたいんだけど、インターネットを通して不特定多数の人に対して財源だとか提供の協力などを行う行為。

群衆(クラウド)と資金長逹(ファウンディング)を組み合わせた造語のことですね。


伊東:
そうですね。なんでクラウドファウンディングという手法を取ったかというと、まだ立ち上げ時期でもあるので、FOCUS OKINAWAを一緒に作ってくださる人を増やしたいという思いがありまして。

ただスポンサーを集めたり普通に広告枠を売るってなるとBtoBの取引みたいになると思うんですけど。

そこに個人の方が1,000円でも2,000円でも支援してくださった方は、おそらく今後もFOCUS OKINAWAに注目いただけるんじゃ無いかという風に思ってます。

ただ読んでもらうだけじゃなくて、「最初に自分はこのメディアを支援したんだ」っていう意識を持ってもらえると、作る側、参加側に回ってもらえるんじゃ無いかということで。


とーも:
なんか一緒にやっていく感みたいなね。期間と設定は?


友利:
期間が11月の21日までです。まだ目標金額には全然届いていないんですが。


とーも:
ご協力いただいた際にはリターンがあるんですよね?


友利:
それもクラウドファウンディングの面白いところですね。


伊東:
限定のステッカーやTシャツをプレゼントするとか、僕らからのお礼の手紙とか、ラジオ番組にゲストで呼びますよとか、そういったようなものを個人向けに用意してまして。

法人さん向けには広告枠とか特集記事の作成だとかを用意しております。


とーも:
ちょっと拝見したんですけど、友利さんデザインTシャツがあるそうだよね?


友利:
そうですね、実際に支援していただいた人たちの顔ぶれを見てからデザインしたものをプレゼントしようと思ってます。


とーも:
ぜひとーもさんもこれ一口支援して、オリジナルTシャツをゲットしたいと思ってます。


友利:
ありがとうございます(笑)


伊東:
友利さんが1日付き添って観光おじさんをしながら撮影して、僕がその動画を編集してプレゼントするっていうようなものを用意してます。

 

個人間の繋がりを生むメディアに

 

とーも:ここからFOCUS OKINAWAをどうしていきたいかっていうのがありますか?


伊東:
沖縄県自体がラジオ視聴率5年連続1位ということとか、コミュニティFMの数も全国の中でも多い方ということでまだまだラジオ文化が根強いので、それを僕らがピックアップして多くの人に届けていきたいなと。

文字にこだわってるわけでも無いので、リアルイベントを開催したり、動画コンテンツを作ったり色んな手段で沖縄のラジオを広めていきたいなと思ってます。

やっぱりコミュニティラジオをされてる方ってテレビや新聞に出るような有名人というより、いち個人の方が多かったりするので、そう言った個人を表に発信して色んな繋がりを生むメディアにしたいと思います。


とーも:
どうやってパーソナリティ、リスナー、FOCUS OKINAWAの三者間をどうやって繋ぐのかっていうのは必要かもしれないね。


伊東:
そうですね。


とーも:
まず手始めに懇親会とか開いてもらえるといいですね。あとはクーポンの発行とかできたら面白いかもしれないね。

僕の番組にもお店や会社の方が多いので、クーポンとかを発行してもらえると来客に繋がるとかね。


とーも:
あと何か告知とかあれば.。


伊東:
Googleでフォーカスオキナワと検索いただければ出てきますので、ウェブメディアが出てくるので一回目を通していただきたいなと。

もし宜しければそこからクラウドファウンディングに飛べますのでご支援いただけたら嬉しいなと。

メディア自体もまだまだこれからで、完成度でいうとまだ1%も言ってないような感じでもあるので、今後のFOCUS OKINAWAに参画いただく意味でも支援いただければと思います。

「最初に支援したんだぜ」って1000円で言えるので。


友利:
色々と繋がっていきたいなと思ってますのでぜひ。

番組とかされてる方いれば、僕らに連絡もらえればと。おもしければ記事にさせていただきます。

社長のナカユクイ
FM21
金曜13時〜13時30分

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

TwitterでFOCUS OKINAWAをフォローしよう