なはまちファンクラブ
FM那覇(FM78.0MHz)
金曜日15時〜16時

ー那覇市宝箱では商店街で活躍している個性あふれる店主の方々のお話を聞いてまいります。それでは本日のゲストに自己紹介をしていただきましょう。

 

レディース洋服屋『dee tee sud』

(照屋)
平和通りでレディースの洋服屋をしております照屋力臣と申します。宜しくお願いします。

お店の名前はdee tee sudと言います。店名の由来はタイ語から来てます。

というのも以前にタイに7年ほど住んでおりまして、タイ語に馴染みがあったのがきっかけです。

でもタイ語で書いてしまうとお客さんが読めないので、発音をアルファベット表記にしようということで『dee tee sud』というふうにつけました。

deeという意味はgoodという意味で、tee sudは最高のという意味になります。『最高のデザインを最高の喜ぶ価格で提供したい』と思いこの名前にしました。

お店は平成14年からやってるんですけど、私は別の仕事をしてたのでこれまで店に立つことはなかったんです。

でも6月にリニューアルオープンしてから私が店に立つことになりました。

場所は国際通りから平和通りに入って200メートルくらい行くと牧志公設市場の衣料部があるその向かいです。

営業時間は朝の11時から夕方の18時までですね。

休みは不定休なので、空いてる確認いただく場合はお電話いただければと思います。

基本1人でやってるので仕入れなどで出張に行く時とかはお店は閉めてます。

 

ータイに住んでた時は何をされてたんですか?

(照屋)
大学を卒業してからすぐ、タイのチェンマイというところで日本語教師をしてました。

それで3年くらいしてから向こうので大学を出て沖縄に戻って来ました。

うちの両親が平和通りでアーケードができる前から40年以上子供服屋さんをしてたこともあって、帰って来たときに母から「洋服屋さんしなさい」って言われて。

小さい頃から両親の働いてる姿を見てきたのもありましたし、実家の2階の子供服がたくさんあるところで隠れんぼしたり、服が入ってたダンボールで秘密基地を作ったりしてて。

そういう思い出もあって「洋服屋しなさい」って言われて何の躊躇もなく始めました。

お店は両親がやっていたところとは別になります。

両親のお店は兄が継いでいて、今は観光客向けにアロハシャツとかを販売してます。

私のところはワンピースやブラウス、カバンやアクセサリーなどのレディースが主ですね。

 

午前中は看護師、午後は洋服屋

ー午前中はまた別の仕事をされてるということをお聞きしましたが。

(照屋)
はい、朝は看護師をしています。

8年前くらいに母が体調を悪くしたのをきっかけに「看護師になりたい」と思って38歳で大学に入りました。

もう看護師をして7年目になります。

今はお店があるのでお休みを頂いてるのですけど、3週間ほど前から朝の空いてる時間を使って訪問看護で仕事をして、そのあと11時からお店を開けています。

訪問介護では薬のセッティングをしたりとか傷の処置をしたりとか、色んなことをしております。

 

ー全く違う分野のことをされてるように思うんですが、その辺はどうなんでしょうか?

(照屋)
好きなことをやって来て、全然違う分野だと思ってたんですけど。

3年前くらいに日本の看護師が足りないからということで、海外から日本に来て看護師をしてる人が増えました。

以前勤めていた病院でもフィリピンの方がいたりして。

そのときに、以前日本語教師していたということで病院の中で日本語を教えていました。そう思えば今までして来たことが全部繋がってますね。

海外にいたときに語学を学んだおかげで、海外の観光客がお店に来てくれたときにそれを活かせたりして。

全て繋がってるなって思います。

ー母親の世話をするために大学にまでいって資格を取るってすごいですね。

(照屋)
勢いもあったんですけど、入ってから大変でした。

一緒に学んでる学生たちはみんな平成生まれで「お父さんと同じ歳です」って言われたりもして。

向かってる方向は一緒でしたけど、結構大変で「もうやめたい」って思ったこともなんどもありましたね。

 

照屋さんにとって『まちぐゎー(市場)』とは

ー最後に、照屋さんにとって『まちぐゎー(市場)』とはなんでしょうか?

私にとって『まちぐゎー』は歴史を受け継ぐ場所、ですね。

まちぐゎーは過去の先輩から学ぶところで、また学ぶだけではなく自分たちが未来の町側に活かすところだと思ってます。

両親が40年以上商売をしていて兄が継いでるんですけど、両親が働いていた姿を周りの人たちや母の同期で現役で働いてる人から昔の話を聞いたりして。

小さい頃は母が家にいなくて不満が多かったんですけど「あなたのお母さんは必死に働いてたんだよ」って教えてくれたりしました。

周りの人たちと一緒にこれからの町づくりをどうしていこうかってお話ができればと思います。

なはまちファンクラブ
FM那覇(FM78.0MHz)
金曜日15時〜16時

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

TwitterでFOCUS OKINAWAをフォローしよう