人生好転ラジオ
FMぎのわん(FM79.7Mhz)
水曜16時〜16時30分

ライブドア時代から天才プログラマーとして名を馳せてる宮崎さん。様々な人生経験を経て4周目の人生を過ごしてる感覚だという宮崎さんが、自身の経験から『人生は何度でもやり直せる』というメッセージを届けています。

(左)下地さん・(右)宮崎さん

 

下地:本日は天才プログラマーのニート宮崎さんにお越しいただきました。よろしくお願いします。

ライブドア時代から天才プログラマーとして名を馳せてる宮崎さんが沖縄にいるということで、お会いして見たいなと思ってたところ、6〜7年前にお会いすることができたのに感動したのを覚えています。本日はよろしくお願いします。


宮崎:
ニート宮崎と申します。5年前に東京から沖縄に移住してまいりまして、ITの会社を東京時代から20年間くらいやっているのと、10年くらい投資の仕事をしています。

名前にニート宮崎と言ってるように、私時間の使い方がおかしくて、ADHDと言いますか、集中している時間とそうじゃない時間の落差がものすごく激しいんです。

ほとんどの時間は注意欠陥と呼ばれる状態でして。

すごい短時間で仕事を終わらせて、ほとんどの時間はニートをしているという状態です。

ADHDとか色々ありまして生きにくい時代が長かったものですから、沖縄では子育てクラブみたいなのに入って主に主婦の方々と交流したりとか、そういった活動をしています。

興味範囲は子育て、教育、そこから繋がって自分育てとかですね。

先ほども言いましたが、ADHDですとか愛着障害というものに相当すると思うんですね。

人間は3歳までが物凄い大事で。心理学では愛着形成の時期と言います。

私どうやらここがかなり問題があったっぽくて、生きにくい時代が長かったんですね。

具体的には小学校高学年くらいからほとんど学校にいかなくなったりとか。

日本の学校はテストだけできれば誤魔化せるということで、大学までは誤魔化せました。

ですが就職活動で完全に失敗して、小さな会社に入ったもののほとんど続かず圧倒いう間にニート、ひきこもりになったまま27歳になってしまいまして。

職歴もほとんどなしでどん底にいる1998年くらいのインターネット創成期の頃、あの有名なホリエモンさんの会社がまだ10人もいなかった頃に滑り込むことができて。

それを皮切りにすぐに独立することもできてそこからIT業はずっと長いという感じですね。

表面的にはそういう風にどうにか切り抜けてきた感じだったんですけども、自分の中では反抗心みたいなものが強くて恥ずかしながら小中高ずっと警察のお世話になったりしていて。

今日のターニングポイントというお話で申し上げたいのは、人生は何度でもやり直せるよというのを自分の経験からお話できればと思います。

 

神に託して3回目、死の体験ツアーで4回目の生まれ変わり

 

宮崎:普通、人間の誕生日は1回ですけども、自分は4回くらいに感じてます。人生を4周してる感じです。

最初の1周目はこの世に生を授かった時。

今振り返ればADHDの問題とか、愛着障害の問題とかがあって母の顔色を伺うことばかりで。

いい子ちゃんだったのが、小学校3年生くらいで爆発してとんでもなく正反対の方向に行きまして。

小学校3年生の時は全国で5万人くらい塾生のいる大きな塾でぶっちぎりで成績トップだったくらい、いい子ちゃんでした。

そんな自分が小4の時に一気に奈落の底に言っちゃって。パワーを悪い方向に使って、ここでは言えないレベルのことをしていつも警察の世話になっていました。

それでそんな自分に嫌気をさしてる時が1周目ですね。

 

2回目の誕生日は19歳の時です。

悪かった時代はずっと硬派だったもので、女っ気がこれっぽっちもなくてですね…(笑)

でも19歳で初めて女性とお付き合いしました。その方が天使みたいな方で。

幼稚園から大学まで一貫した学校のカトリック系の女子校の子で、ありえないくらい正反対の子とお付き合いしたんですね。

ただ男女の付き合いをしていただけなんですけども、その子と出会ってからみるみる自分の心が洗われていったのを自分でも覚えています。

それまでは自分と仲間以外は全て敵だと思ってたのが、そういうのが緩和されて少しづつ生きやすくなっていきました。

神に託して起きた奇跡【3回目の生まれ変わり】

 

宮崎:3回目は34歳の時の結婚直後の話になります。

私の「飲む打つ買う」ということがあまりにも酷かったことが妻にバレまして。

それで結婚直後に妻が実家に帰っちゃいました。「もう離婚だ!」と。

それで1ヶ月間、毎朝妻に謝りにいったんですけど門前払いで。

でもそれを1ヶ月続けるうちに自分も「これってどうなのかな」と思い始めまして。

「確かに自分のしたことは悪いことだけども、結婚前のことでしたし、一度くらい許してくれるのが普通じゃないか」と。

論理的に考えるようになって、「もしここで許してもらえたとしても、こんな厳しい人だったら今後の人生やっていけるのか?」と疑問に思うようになりました。

もう会社を始めて数年経って調子も良くて、お金にも余裕があったので、もう一旦離婚してやり直した方が楽しく生きられるんじゃないかと思うようになったんですよ。

 

一方で心の囁きみたいなものがあったんですね。

「今ここでしがみつかないと人生終わるぞ」って聞こえて。

そんなの聞こえても困る、聞こえない方が良かったとか思いながら(笑)

それで心が揺れて苦しくなって、自分で考えきれなくなって神に託すということで神託しました。

それで悩んで1ヶ月が経った頃、夜中の3時か4時くらいに悩みながら外を散歩してました。

その時にはっと見上げましたら、家の向かいのアパート部屋が目に入りました。電気もついていない部屋です。

でもなぜかここで神託したんですね。

「今もし、深夜のこの真っ暗な部屋の電気が3回点灯すれば、腹くくって妻にしがみついてやり直す」と。そういうことを心の中で言ったんですよ。

そしたらその5秒経たないくらいに「カチッカチッカチ」って3回きたんですよ。

もう背筋がゾクゾクしました。

自分はそんな露骨な神託は今までしたことがないんですけど。

ただ中学時代に麻雀に狂った時に土壇場ではそういう囁きみたいなものが優先だということを体感として得ていたんです。

そういうのもあってこの神託には従うしかないという確信に至りました。

そのことを踏まえて、さらに妻に謝り続けてなんとか帰ってきてもらいました。


下地:
深夜のそのタイミングでって、普通あり得ないことですよね。

そこからは上手くいったんですか?


宮崎:
それが大変だったんですよ。あのレベルの奇跡があったからこそ頑張れたと思います。

飲む打つ買うをすべて断捨離しました。それまでの友人全て切れと言われましたし、かなり稼いでいた給料も全て妻に渡すことになりお小遣いもなしと。

めちゃくちゃ厳しいですよ(笑)

本当に地獄の思いだったんですが、それでも2〜3年かけて慣れてきて。

それで気付いたのは、自分が色んなものにエネルギーを使ってきたのはADHDや愛着障害などで満たされなかったものを、無理やり別の方向で満たそうとしていたのであってずっと人生ごまかし続けようとしてきたんだと。

そういうことにやっと気付きました。

そこに気づけたのは妻のおかげだなと本当に思いましたね。

あとで振り返ってそういう話を聞くと、ぶっちゃけそこまで先を見ていたわけではなく、単純に妻のエゴの部分もあったと。

でも妻も普通じゃないと思うので、多少は見えていたと思います。

下地:奥さんとの出会いは今の宮崎さんを形成する上で欠かせない部分ですからね。

 

死の体験ツアーでの強烈な体験【4回目の生まれ変わり】

 

下地:4回目の生まれ変わりはいつですか?

宮崎:妻の指導のおかげでかなり頑張れたんですが、まだ行けてない部分もありまして。

自分の内面から湧き上がるようなものにはずっと蓋をしていたんですね。

真っ当になるのが第3ステップで精一杯だったんです。

第4ステップ目でやっと自分の道に入るきっかけがありました。

そのきっかけが、お墓を掘って死を体験するというツアーに参加したことです。

お墓を掘って、そこに自分が入って、他の方に埋めてもらう。つまり死を体験するツアーです。

たまたま気が向いて行っただけなんですけど。

それまで頑張ってきて社会的にもいいところまで来てたと思うんですけど、自分の中での肯定感や自己重要感が置き去りになってた感じがしてました。

その死の体験ツアーの時、自分が埋まる直前にみんなにお別れの言葉を言うんです。

その時フッと頭に降りて来た言葉があって。

「私はずっと自己嫌悪にまみれた人生だと思ってたけれども、実は完璧以上に生きていたんだ」ということが頭にポーンと降りて来ました。

「我が人生に悔いなし」と思って死んでいったんですよ。

めっちゃ自己肯定感が低かったはずなんですけど、それで生まれ変わって出てきたんです。

第4回目はまさに再誕生という感じだったのを未だに覚えています。

下地:自分の理性では到底出て来ない思考になれたと。

その前後でどう変わりましたか?

宮崎:それまではどこまで色々頑張ってもずっと自分の中で自己重要感が低くて。

でもそれで全然いいんだと思えて、その先の人生をやっと自分で作り上げていくんだということに気づきました。

まだ4周目が始まって2年とかですけど、この2年間はそれを進めてる感じですね。

下地:その辺をもっと詳しくお話を聞きたいんですけども、本日はお時間が来てしまいました。また改めて詳しくお話をお聞かせください。

宮崎:ぜひお願いします。

人生好転ラジオ
FMぎのわん(FM79.7Mhz)
水曜16時〜16時30分

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

TwitterでFOCUS OKINAWAをフォローしよう