The Dots
FM那覇
日曜14時30分〜15時00分

・YouTube登録者数18.9万人
・Twitterフォロワー15.7万人
・ブログ月間アクセス100万PV以上
(2019年11月時点)

ブロガー兼ユーチューバーとしてタイのバンコクで生活されてるマナブさんに、29年間の人生の紆余曲折なストーリーについてお話を伺っていきます。

伊東:本日はブロガー兼ユーチューバーのマナブさんにゲストにお越しいただきました。まずは簡単に自己紹介をお願いします。


マナブ:
マナブと申します。基本的にはタイのバンコクの方に住んでます。

普段はバンコクでブログを書いたりYouTubeを撮ったりしています。あとTwitterの発信を半分趣味でやってます。

こんな感じで基本的には「家でできる一人で完結する仕事」をコンセプトに生きています。

場所は問わないんですけど、寒い場所が苦手なので花粉がなくて暖かい地域をすごく好んでいます。


伊東:
僕も重度の花粉症なので、花粉のない沖縄は本当に快適だと思います。


マナブ:
沖縄は花粉がないのもそうですし、食事とかも素晴らしいなと思います。

ちょくちょく沖縄には行くんですけど、ふらっと入った定食屋が美味しかったりして。

僕は食事が悪いと身体を壊しやすいんですけど、沖縄の個人経営のお店とかだと健康的な食事が多くていいなと思いますね。


伊東:
バンコクにはいつから住まれてるんですか?


マナブ:
バンコクは2年半とかです。それまではフィリピンのセブ島に住んでました。


伊東:
東南アジアと沖縄の似ていると思うところってありますか?


マナブ:
僕が住む地域の必須条件としては暖かくて花粉がないことなので。そして個人的に海の近くに住むと気持ちがおおらかになるので海が近いところ。

そういう意味では東南アジアと沖縄はすごく似ていると思います。


伊東:
海外に出られたのはいつ頃からなんですか?


マナブ:
大学3年生の22歳くらいの時です。もともと洋画とか見て「海外いいな」って思ってたりはしてたんですけど。

実際にフィリピンに半年住んでみて「こんなに日本と違うんだ」ということを思いました。

日本ではなんとなく窮屈感を感じてたりしたので、「こんなにいいところならこっちに住みたいな」と思ったのがきっかけですね。

マナブさんの29年の人生を振り返る

伊東:マナブさんに人生グラフをあらかじめ書いていただいたので、そちらについて話を掘り下げて行こうと思います。

クリックして拡大

 

「意識高い学生」だった大学時代

伊東:まず21歳の時に『営業』って書かれてるんですけど、これはどういった形でされてたんですか?


マナブ:
これはインターンシップでソーシャルメディアのサポート業務の商品みたいなものを法人相手に営業してました。ちょうどソーシャルメディアが世に普及して来たくらいの時期だったので。

結果的に辛くてすぐに辞めたという感じなんですけど。期間は4ヶ月くらいですかね。


伊東:
ここが人生で2番目にモチベーションが下がってるタイミングなんですね。

そこから22歳から23歳にかけて徐々にモチベーションが上がって行くと。

『意識高い学生』と書かれてるんですけど、どういう風に意識が高かったんですか?


マナブ:
就職してずっとやって行くのは嫌だなというのを心の底で思っていて。どうしていいのか分からなかったのでとりあえず行動してる時期でした。

ただ、自分にはスキルもなかったので、どちらにせよ社会に揉まれないといけないなとは思ってました。

それで大学生活も残り1年あったので、色々行動してみようという感じで留学に行きました。

留学したことで「海外でも生きていけるんだ、英語でもコミュニケーションを取れるんだ」っていう小さな成功体験を積むことができましたね。

それが自分の自信になっていきました。

それで、留学中に出会った友達と一緒に日本に戻ってきてから国際交流会を開いてみたり、留学代理店の真似事をしてみたりとかして。

起業まではいかなくても、ちょっとお金を稼いだりイベントを開いたりっていう感じでアクティブに動いてる時期でした。


伊東:
マナブさんのそういった経験から、今の学生に『こういうことをアドバイスできたらいいな』って思うことってありますか?


マナブ:
学生のうちは歳上と会って接点を持つことが大事かなと思います。

僕がすごく恵まれていたと思うのが、一緒にいた大人たちが28〜32歳くらいの年代のIT関係の方たちだったことです。

この人たちって当時の僕からしたら(今もそうですけど)、すごい自由に働いてて輝いて見えたんですね。

就職したら当然のように黒髪の短髪にしないといけないとか思ってたんですけど、普通に茶髪の人もいたりして「かっこいい大人たちもいるんだなー」と。

それで自分もこういう生き方をしたいと思えるようになりました。

そこからの学びっていうのはめちゃくちゃ大きかったですね。

「自分でもできるんじゃね?」と思い退職


伊東:
新卒でフィリピンのセブへと書かれてるんですけど、ここではどういう仕事を?


マナブ:
プログラミングができたので、日系企業でウェブ担当者として仕事してました。

とはいってもプログラミングスキルはまだしょぼかったので、サイトを作り直すとか広告まわりの仕事とか、その会社内で新しいITサービスを作る時に開発を手伝いつつディレクターをするみたいな立場でやってました。


伊東:
マナブさんというとプログラミングのイメージが強いんですけど、何歳くらいから始められたんですか?


マナブ:
一番やっていたのは、意識高い学生だった23歳〜25歳くらいの時でした。

先ほど話したフィリピンで会った歳上の人たちにエンジニアが多かったので、そういうところに憧れがあってぼくもやり始めた感じですね。


伊東:
そこから11ヶ月で退職されてるんですけど、辞めた理由とかって聞いても大丈夫ですか?


マナブ:
大きな理由はそんなになくて。会社もいい会社でした。

でも、会社で何かやるってなった時に相談が必要じゃないですか。

僕の性格的にやるって決めたらすぐにやりたいタイプなので、相談するのが面倒臭いから自分でやった方がいいんじゃないかと思うようになって。

それと、「この業務、家でもできるし自分でも全てできるんじゃね?」って思うことはIT業界ではあるあるだったりして。

会社でやってる業務を個人でやれば、「お金も稼げそうだし会議も無くなるしそっちの方が楽かな」みたいな感じで勢いでやめました。

そこからは基本はWEB制作系で稼いでましたね。

起業、失敗そして復活

クリックして拡大

セブで出会った仲間と起業


伊東:
26歳の時に人生で2番目くらいのテンションの上がり方をしてますね。この時にセブで起業をされたと。


マナブ:
セブのシェアハウスに住んでたんですけど、そこがクリエイターが結構集まるような場所で。

そこで夜な夜なビールとか飲みながら「こういうサービスあったら面白いよね」っていうことを語り合ったりしてました。

語りつつもエンジニア、デザイナー、ライター、ミュージシャン、営業マンっていう人材がそこに全て揃っていたので、「じゃあ今から作ろうか」って話になって。

僕とかが酔っ払いながら書いたようなコードがそのまま起業に繋がった感じです。

ここが夜明け前みたいな感じでテンションは高かったです。


伊東:
この時期は楽しいですよね。ぼくも24歳の時に会社を作ったんですけど、妄想してる時が一番楽しくて走り出すと理想と現実のギャップを突きつけられるみたいな。


マナブ:
そこからどんどんハードになっていくんですけど。


伊東:
まさにグラフがその通りになってますね。起業してから失敗するまでの期間はどれくらいだったんですか?


マナブ:
1年半くらいです。法人登記してからは1年くらいですね。

最初の半年は会社にせず、途中から法人登記していこうという感じで動いてました。

それで最初は上手くいってたんですけど、途中から資金繰りとかが上手くいかずに。


伊東:
なるほど。メンバーは何人くらいでされたんですか?


マナブ:
コアメンバー4人と、業務委託で4人くらい。

合計8人の小規模でしたが、当時の僕からしたら結構大きな組織でした。

何もしないでも月100万円とか消えていく感じでしたね。


伊東:
最終的に資金繰りが厳しかった感じですか?


マナブ:
そうですね。

当たり前のことなんですけど、ガンガン伸びるっていう程で色々と投資とかをしてると途中で壁に当たった時に固定費っていうのはすぐに消せないじゃないですか。

それでどんどん圧迫されていって。

お金が減っていくと心の余裕とかも無くなってくるので、その辺りがもう大変でした。


伊東:
この時の失敗経験から、これから初めての起業を考えてる20代の方とかに何か伝えたいことってありますか?


マナブ:
固定費は本当に上げない方がいいですね。

今だと人を雇えるくらいの収益はあるんですけど固定費はゼロにしていて。

一度固定費を作るとずっとそれが続いてしまうので、なるべくミニマムにした方がいいですね。

楽しさ8割、稼ぐこと2割


伊東:
この時の経験があったから今もミニマムな生活をされてるんですか?


マナブ:
というより、もともとお金をそんな稼ぎたいみたいな気持ちがなくて。起業した時もお金より楽しさを重視していました。

でも楽しさを重視してると本気で稼ごうとしてる会社には負けてしまうんじゃないかという失敗経験があって。

お金がないと失敗するんだという当たり前のことに27歳で気が付いて、28歳からはちゃんとお金を稼いでいこうと気持ちを切り替えたので今があるんだと思います。

セブに住んでた時もタイに住んでる時も生活資金はそんなにいらない方だったので、そこは何も変わってないですね。

お金を稼がないといけないと思い始めたか、思ってなかったかの違いだけです。

もちろんブログもYouTubeも楽しくないと続かないので楽しさは絶対に重要なんですけど、楽しさ10割も良くないなと思っていて。

楽しさ7〜8割くらい、残りの2〜3割は真剣に稼ぐことを考えないといけないと思います。


伊東:
結構楽しさが大事なんですね。


マナブ:
事業するってなると結局3年くらいはやるわけじゃないですか。

だったら3年間自分がこれを楽しく続けられるかって考えると、ある程度楽しいことじゃないと日々がつまらなくなってしまうんじゃないかと思います。


伊東:
マナブさんの毎日更新900日続くのも楽しいと思えるから続いてるんですかね?


マナブ:
本当に楽しくなって楽になったのが600日経ったくらいって感じで。最初の方はしんどかったりもするんですけど。

最近はブログを書くことが歯磨きみたいな感覚になっているので、やらないと気持ち悪い感覚になっていますね。

手が腱鞘炎になるまでブログを書いた

 

伊東:ブログはいつくらいから書き始めたんですか?


マナブ:
本格的にやり始めたのは起業を失敗した時にちゃんとブログを再スタートしようと思って。それまでも月に1〜3回くらい趣味レベルで更新していたんですけど。


伊東:
起業失敗してから1年ほどでブログで月7桁超えたということですけども。この1年間はマナブさんにとってどうでしたか?


マナブ:
起業失敗した直後は収益はゼロだったんですけど、半年から8ヶ月くらいもがいて収益が伸びるようになってきて。

プログラミングの収入がメインだったんですけど平均して月70万円くらい稼げるようになっていて。

そこで収益が伸びてきても手を止めることはせずにブログとかもめちゃくちゃ書いて、ずっと手が腱鞘炎みたいな状態でした。


伊東:
この時くらいに一度沖縄に来られてるんですよね?


マナブ:
そうですね、その時のことは良く覚えています。この時がやっと少し人生休めるっていうタイミングで。

沖縄の本島に行った後に宮古島の方に行きました。

収入としては全然生活に困らないくらいは稼げていたので、沖縄に行って海を見て癒されるというそういう感じです。


伊東:
この時のマナブさんのTwitterを遡ってみると、「沖縄移住ほぼ確定」というようなことをかかれるくらい沖縄に魅力を感じられていたということで。

ここに関しては次週もっと詳しく聞いて行こうと思います。

マナブさんの今後の展望

 

伊東:これからどういう風にしていきたいなとかあるんですか?


マナブ:
そこは正直めちゃくちゃ迷ってます。収入をめちゃくちゃ伸ばすということは一旦辞めてもいいかなと思っていたりもします。維持するくらいにしておいて。

もっと別の活動をして行こうかなと。例えばこういうラジオとかもそうですけど。

人前で話すとかラジオで話すとかそういうことは僕の人生で絶対にやらないと思ってたんですけど、YouTubeを始めたことによって喋るのもそこまで悪くないなと思えるようになりました

1年くらいやると「自分、意外と別のこともできるようになるんだ」ということを思ったので、もしかしたらオフラインの活動も少しずつ増やしたりとか。

ネット上だけじゃない活動も徐々に増やしていけたらなと思ってます。

辛くても半年は耐える


伊東:
最後に、マナブさんの人生グラフの中で一番しんどかった時期(起業失敗後)と同じようなメンタル状況にいる人が今いるとしたら、そういう人にどういうアドバイスをされますか?


マナブ:
本当に落ち込むし半年は辛いと思うんですけど、時間が解決します。

その辛い時期は半年くらいは続くかもしれませんが、1年は続かないです。だから半年は耐える。

ただ家でじっとして耐えるんじゃなくて、友達と会ったり喋ったりすること。

飲み過ぎも良くないんですけど、お酒を飲んだりして無駄な相談を身近な友達にすることですね。

それがすごい大切で、自分の中に溜め込むとどんどん溜まって行っちゃうので。

僕は普段「無駄なことはするな」みたいな発信をするんですけど、やっぱ無駄なこともしたほうがいいと思います。


伊東:
ありがとうございます。ということでお時間がきてしまいました。

次週は「沖縄とフリーランサー」というテーマで引き続きマナブさんに色んな話を聞いて行こうと思います。また次週もよろしくお願いします!


マナブ:
よろしくお願いします。

The Dots
FM那覇
日曜14時30分〜15時00分

 

マナブさんが運営するメディア

マナブさんの思考をもっと深く知りたいという方は、本人が運営するこちらのSNSをチェック!

マナブさんのYouTube
マナブさんのTwitter
マナブさんのブログ

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

TwitterでFOCUS OKINAWAをフォローしよう