だいすけさんの部屋
FM那覇(FM78.0MHz)
日曜12時30分〜13時
パーソナリティ:松野大介

沖縄で大人気のそっくりタレント『魅川憲一郎さん』が今年20周年を迎えたということで、名前の由来や今月行われるライブイベントなどのことについてお話ししています!

そっくりタレント『魅川憲一郎』

 

だいすけ:今年デビュー20周年を迎えた沖縄の大人気タレント、そっくりタレントでもあります魅川憲一郎さんが、私がプロデュースして作詞作曲したCDを20周年記念ということで出してまして色々やってきました。

今月11月は美川さんはお芝居にも出ましたしジュンク堂でトークイベントもやりました。月末には和平カバーフェスというイベントも企画されています。

魅川:どうもこんにちは、宜しくお願いします。

だいすけ:まず、なぜ魅川憲一郎になったのかというところですよね。

魅川:魅川憲一郎になったのは余興がきっかけです。本当は歌手になりたいとか芸能人になりたいとかいう想いもありましたが、そういった興味があることがこのジャンルで実現できているので、それはそれで達成感もありますね。

だいすけ:分かってると思いますが「魅川憲一郎」本名ではありませんけども、なぜその名前なのか。

魅川:自分で考えつきました。「美川」の美の字も魅力の魅にして。そのままだとなんか詐欺っぽくなるので、「郎」をつけてこれは偽物なんだとわかるようにしました。

だいすけ:20周年も残す所あと1ヶ月ちょっということでね。

魅川:デビュー日が七夕の日なので、こじつけようと思えば7月まで引っ張れるんですけどね。

だいすけ:そこで今月末、29日の金曜日の夜にSOUNDS GOODというライブハウスで20周年イベントをやるということです。

魅川さんは「KENICHIRO」という名前で私と一緒に出演します。その他にも全部で3バンド出演されるということで。

最初の方が出版業界のバンドの炭酸水というバンド。

そして沖縄の怪談作家の小原さんも出てくれますね。

もう一組が漢那バンド。漢那邦洋さんというRBCでスポーツフォーカルという番組をされてる方です。知ってる方も多いと思います。

そして最後に魅川憲一郎さんが『KENICHIRO』ということで、美川憲一のモノマネとは違った色んな曲をされるんですね。

そういうわけで、その時の曲をここでも少し歌っておきましょう。

魅川:この曲はライブでやるのは初めての曲ですね。


↑曲を再生

だいすけ:中島みゆきさんはいい歌作りますね。松任谷由実時代にあったそこそこ古い曲ですね。そしてもう一曲続けていきましょう。

魅川:だいすけさんと引き語りをするようになってからレパートリーにしたものですね。


↑曲を再生

だいすけ:まぁこんな感じで、一緒にやってると楽しいですね。

魅川:楽しいです。ライブ中に皆さん口が動かして口ずさんでくれると楽しいです。それでカバーセレクションもいいなぁって。だいたい誰かしら口ずさめる曲をセレクションすると顔もどこか楽しそうで。

だいすけ:みかわさんは女のアーティストのカバー限定でやってますからね。来てる女の人は記憶がポンと蘇るかもしれないです。その辺が和平カバーフェイスのいいところです。

魅川:ミドルエイジに優しいサウンドと選曲でお届けしますよ。

だいすけ:音量が大事かもしれないですね

魅川:それ結構大事だと思います。母の日の公演もやっていていつも言われます。「あんまりうるさくないからバンドでも聴きやすい」って

だいすけ:音量がちょうどいいんですよね。

魅川:迫力重視でやりたい曲とかも世代によってはあるだろうけど、見る方によっては苦しいって思う部分も世代によってはあるみたいなのでね。

だいすけ:ライブハウスでロックとかになると、私ももう歳なのか入られませんよね。

魅川:よほど好きじゃないとね、

慣れたに方には急に迫力のある音を届けるとね。

だいすけ:ちゃんとお隣の人にトイレ行って来るよとか、「すみませんハイボール」って言えるくらいじゃないとね。

KENICHIROとしての活動

だいすけ:魅川さんもいよいよ2020年。20年はKENICHIROの活動もやっていきましょうよ。

魅川:これは細々とでも継続してやっていきたい。

だいすけ:魅川さんから来る「これをやりたい」っていう曲はバラエティに飛んでますよね。

魅川:なんか急にポッて思い出したりするんですよね。

「これ歌ってみたいけど、だいすけさん演奏できるかしら」って思って、とりあえずどうですか?って

そしたらこれとこれはいいってチョイスしてくれて決まったレパートリーもあるんですよ。

今月末に魅川さんが出演されるイベント

【和平カバーフェス】
場所:SOUNDS GOOD
日時:11月29日19時スタート
料金:前売り券1500円

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

TwitterでFOCUS OKINAWAをフォローしよう